検査する | 支援制度がちゃんとあり、治療が受けやすい人工透析

検査する

MRI

性感染症は重篤な病気や症状を引き起こすことがあるのです

性感染症は、痛みや痒みといった性器の症状のみならず時に重大な病気を引き起こすことがあります。例えば、ヒトパピローマウイルスによる子宮頸がんです。子宮頸がんは、女性の子宮頸部と呼ばれる部分に発生するがんで、現在若い女性の間にも広がっています。子宮頸がんの原因になるヒトパピローマウイルスに例えば感染した場合でも、目立った症状は現れないことがほとんどです。そのため、感染に気付かずに数年間が経過してしまうことも多々あります。性病検査キットでは、こういった子宮頸がんのウイルス検査も行なうことが出来るのです。又、性感染症は時に妊娠出産にも影響を与えます。流産や早産、不妊症のリスクを高めるとされており、妊娠の予定のある方の場合には時に注意が必要となるのです。

疑われる病気別に適した検査時期を選びましょう

性病検査キットは予め自宅に常備しておくことで、様々なメリットが得られます。自宅に用意しておけば、医療機関を受診する場合に比べて速く検査が出来るため、適切な対応をすることが出来るのです。性感染症は、病気によって適した検査時期が異なります。そのため性病検査キットを利用する場合には、予め各病気の検査に適した時期を把握しておくことが役立つ訳です。例えば、クラミジアや淋菌などの場合には、検査は感染が疑われた日から2日程度経過した時期が適当です。一方、肝炎などの場合には、検査は2、3か月経過後が適した時期となります。こういった時期を押さえて性病検査キットを利用することで、正しい検査結果を得ることが出来るのです。