優しい笑顔の医者達

誰でも起こる

研修医

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸が止まってしまう症状で老若男女問わず誰でも起こる可能性がある症状です。肥満が原因の可能性もあるため、生活習慣を改善することで症状を緩和することが出来ます。

Read more

リウマチの改善

医師と看護師

関節リウマチは、高齢者に多い症状ではっきりとした原因は不明といえます。また、無理することで余計に悪化させてしまうこともあるため無理せず、薬物療法で治療すると良いでしょう。

Read more

負担を少なく

クレイアート 医者と看護師

世田谷区で透析を受けるならこちらがおすすめ!更生医療の認定施設なので、安心して治療を受けることができますよ。

人工透析は支援制度が豊富

一ヶ月の人工透析にかかる医療費は約30万円から50万円です。人工透析は頻繁に行う必要があるため、これでは費用がかかりすぎます。そのため、患者の経済負担を軽減できるように、様々な医療支援が定められています。 一つは、医療保険の長期高額疾病です。これは高額療養費の特例として保険給付されるもので、人工透析の自己負担が一ヶ月1万円までに抑えられます。 もう一つは自立支援医療です。患者が身体障害者手帳の交付を受け、医療機関が自立支援医療機関の認定を受けている場合は、原則一割負担となり、さらに低所得者の場合、長期に治療が必要な場合は、減額されます。 また各都道府県や市区町村も独自の助成を行っており、入院時自己負担分を助成する制度もあります。

技術の進歩は始まったばかり

人工透析とは、腎不全などにより腎臓機能が正常に機能しない人に行う治療方で、人工透析以外の治療方法としては、腎移植があります。人工透析は以前は透析技術も低く、合併症なども引き起こされやすいものでした。そのため以前は、腎移植の提供を待つ間の時間稼ぎという位置づけでした。 人工透析の技術を飛躍的に向上させたのは戦争だと言われています。特に第二次世界大戦中は急性腎不全の患者が急激に増加したため、人工透析技術の向上が望まれるようになりました。その後、朝鮮戦争とベトナム戦争の時代になると技術向上により、急性腎不全の死亡数が半減したと言われています。その後、企業による開発が積極的に行われるようになり、人工透析は腎移植を待つ間の時間稼ぎという位置づけではなくなりました。 このように、人工透析の進歩は始まったばかりです。今後さらなる技術の進歩が見込めると言えるでしょう。

症状の把握

ナースステーション

自律神経失調症の症状には様々なものがあり、不眠や吐き気がある他にもイライラしやすいなど様々です。また、中には気づかない人もいるので早めに治療しないと悪化してしまうので注意しましょう。

Read more

検査する

MRI

性交渉を行なうことで感染する性感染症は、痒みなどを伴うことがあります。また、性感染症によっては子宮頸がんを引き起こす可能性もあるため定期的に性病検査をして予防するようにしましょう。

Read more